あしたも。。。はるかも?!

ビションフリーゼ“はるさめ&かもめ”兄弟のモフモフ生活日記です。

2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご報告。。。ゆうゆちゃん ありがとう。

本日、2回目の更新です。。。


実は、みなさんに少しでも早く聞いていただきたかったのです。




悲しい悲しいお知らせが届きました。



モフバッグがご縁で繋がった ☆jun☆ さんが

ご実家の方で飼われていた、

ゆうゆちゃん。

4歳11ヶ月。

短すぎる小さな命が、

虹の橋を渡られたそうです。



sakura.jpg



代々木公園お散歩ツアーも楽しみに見ていてくださり、


ゴールデンウィークには、

帰省してモフバッグを持ってお散歩するのです!って

楽しみにメールを下さっていました。


あまりにも、短すぎる小さな命。

涙が止まりません。



ゆうゆちゃんの病名は 免疫介在性溶血性貧血 というもので

はるかもママも初めて聞く病名でした。

急に発症する難病で

ビションフリーゼのかかりやすい病気の一つだそうです。

病状が分かりづらく

前兆と言っても急激に悪化するので、

何日も前からあるわけではないそうです。

・お散歩を嫌がる、歩くペースが遅くなる、

・食欲がなくなる、オシッコが褐色または赤くなる、

・歯茎や舌が白くなる


などがあるそうですが、

日常的に、よくあるような事だとおもいます。


とにかく、発症したら直ぐに

ある程度大きな病院に行くことが、

助かるために大切なことで

輸血が必要になることもあるので、

愛犬の血液型を健康時に調べておくのも大切とのこと。

ワンコの輸血に、事前の血液型検査は必要なさそうです。

ワンコの輸血はその都度、

クロスマッチングといって輸血する犬とされる犬の血液を少量混ぜて、

固まらないかテストするそうです。

しかも、初回の輸血であれば拒否反応がおきにくいので、

テストしない病院もあるとか。


血液型の分類も、国によって違うらしく

検査はあまり一般的ではないとのこと。


やっておくべきことは、血液型の検査ではなく、

定期的な血液検査(健康診断)なのだそうです。


かわいいモフッ子たちを

辛い思いにさせないため、

尊い命を救うため


☆jun☆ さんより、託されました。




楽しい事があるって事は、生きているからでこそです。

楽しいからこそ

いつも生きている事に感謝しなくてはいけないのだと

はるかもママは思っています。


junさん、一番辛い時に

メールを下さってありがとうございました。

心丈夫になさってくださいね。


そして。。。

ゆうゆちゃん、よくがんばりました。

どうか、安らかに休んでね。



yuyu.jpg
「生まれてきてくれて ありがとう。」by harukamo+mama


スポンサーサイト

| お友だち | 12:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。